除菌効力は?アルコール・次亜塩素酸ナトリウム・次亜塩素酸水の違い

スポンサーリンク
おすすめ

アルコールがほしい。

次亜塩素酸水がほしい。

アルコールと次亜塩素酸水
どっちがいいの?

と聞かれることが増えてきました。

消毒薬といえば『アルコール』が、

比較的安全で殺菌力も高いとして

使われています。

しかし、アルコールに変わって

『次亜塩素酸水』

というものをよく聞くようになりました。

また、似たような名前で

『次亜塩素酸ナトリウム』

がありますが、

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは、

全く違うものになります。

 

そこでこれらの違いや、使い方について

ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アルコール除菌スプレー

アルコール除菌スプレーとは

アルコール除菌スプレーの成分は多くは

『エタノール』を含んでいるものです。

Point

エタノールとは、
『エチルアルコール』と呼ばれる
アルコールの一種で、99.5vol%と
揮発性が高いので
『水拭きができない電気製品の掃除』
などに使われています。

 

ただし、揮発性が高いということは、
すぐ蒸発してしまうので
殺菌効果は期待ができません。

ところが、

Point

精製水でエタノール濃度を
70~80%
にうすめると
揮発が抑えられ
「消毒用エタノール」
「手指や器具のアルコール消毒液」
として、
対象物に直接噴射するだけで、
短時間で菌を減らすことができます。

 

エタノールをうすめることで、

アルコール除菌スプレーに

することができます。

アルコール除菌スプレーの安全性

Point

アルコール除菌スプレーは、
お酒と同じ成分で作られているため
体にかかったり、口に入って
しまったとしても、人体への
悪影響はほとんどないと言えます。

 

また、エタノールが最も除菌効果を

発揮するのはエタノール濃度が、

70~80%でと言われており

普段よく使用している

消毒用のアルコール除菌スプレーは、

エタノール濃度は70%以上です。

しかし、

キッチン用のアルコール除菌スプレーは、

これよりもエタノール濃度が、

低くなっており、家庭で使用する、

Point

キッチン用の
アルコール除菌スプレーの
エタノール濃度は、およそ45%なので
『猛威を振るっているウイルスに
効果があるのか?』
という点では疑問です。

 

ただし、手の消毒よりも

ドアノブなどの手が触れる場所の

除菌には効果があるようです。

次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムとは

Point

次亜塩素酸ナトリウムは、
昔からある『混ぜるな危険』
記載されている強烈な漂白作用と
殺菌作用塩素系の漂白剤や
カビ取り用洗剤の主成分です。

 

次亜塩素酸ナトリウムは、

ノロウイルスなどの細菌を

不活性化させたり、医療器具などの除菌、

上水道やプールの除菌、衣類やリネンの

漂白などに使用されており、

油汚れや皮脂などを強力に分解していく

働きがあり、カビなどの汚れに反応する

と強烈な刺激臭が発生します。

ただし、洗剤として使用される場合は、

Point

界面活性剤や増粘剤を
含んでいるため、紫外線で分解され
漂白や殺菌作用がなくなるので
ご注意ください。

 

次亜塩素酸ナトリウムの安全性

次亜塩素酸ナトリウムは、

金属や布を腐食させてしまう事があり、

高濃度で長期間残留すると

ステンレスも腐食するほど強力です。

塩素系漂白剤は、洗濯や台所用品として

販売されていますので、比較的

入手しやすく、利用しやすいですが、

Point

クエン酸、酢酸、塩酸など、
酸性の水溶液に反応すると、
有毒な塩素ガスが発生するので
注意が必要です。

 

また、次亜塩素酸ナトリウム溶液は、

強アルカリ性でタンパク質変性作用が

強いので、長期間にわたって

吸い込み続けると呼吸器系に障害が

生じる可能性があるので

Point

霧吹き・スプレー・加湿器などで
長期的に噴霧しては危険です。

希釈液であっても、手荒れなど皮膚を
傷める危険性があるので手指消毒には
向いてないません。

 

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水とは

次亜塩素酸水は、

Point

『アルコール』よりも細菌、
ウィルスを死滅させる範囲が広く、
除菌力が強いのが特徴で、
歯医者さんでは、うがい用の水
として使われています。

 

塩化ナトリウム水溶液や塩酸水、

塩酸と塩化ナトリウムの混合液などを

電気分解して作られており、

人体への影響がないことから、

医療機関での手術者や介助者の

手指消毒、医療器具の洗浄・消毒、

食品加工や関連機器、手指の消毒などに

使われている除菌・消臭の能力が

非常に優れている除菌液です。

この使い勝手の良さから、

Point

一般のご家庭や飲食店を
中心に普及し始め、
最近ではインフルエンザや
ノロウイルス、風邪の予防などにも
活躍しています。

 

次亜塩素水の安全性

次亜塩素酸水は、

Point

厚生労働省によって食品添加物の
殺菌料として認められており、
成分は人間の体の中でも
作られている殺菌成分の
ひとつでもある、食塩と水を
原料としている弱酸性の水溶液です。

 

また、アルコール消毒のように

肌が荒れることもない優しい成分で、

合成界面活性剤などの化学合成物質を

使っていないため、

Point

万が一目や口に入っても安全なのが
特徴で、除菌後には、ただの水に
戻るので人体への影響はなく
ペットや赤ちゃん用品にも
使用されるほど安全と言えます。

 

まとめ

『次亜塩素酸ナトリウム』と

『次亜塩素酸水』は、

字面は似ていますが、

性質は全く違うものです。

次亜塩素ナトリウム

カビ取り洗剤に含まれている
『次亜塩素ナトリウム』には、
『界面活性剤』や
『水酸化ナトリウム』
が含まれており、そのなかの
『水酸化ナトリウム』が手に触れると、
皮脂のたんぱく質を分解してしまう
ので、必ず手袋を付けて
使用してください。

 

次に、

次亜塩素酸水

人体への影響が少なく、
希釈しても除菌消臭作用は
十分な『次亜塩素酸水』は、
メリットばかりですが、
すぐに分解してしまうため、
長期保存ができずに除菌消臭効果が
なくなってしまいます。

 

また、「次亜塩素酸水」は、

対象物に触れると水に変化して、

殺菌効力が失われるので、

石鹸で手などをよく洗ってから

仕上げに

『次亜塩素酸水』を噴きかけるのが、

手指消毒では一番効果的な使い方です。

次亜塩素酸水を活用した製品は、

気づかないだけで生活のまわりに

たくさんあります。

体に優しい次亜塩素酸を使って

除菌していきましょう。

 

ありがとうございました。