外壁塗装の寿命は?塗料・サイディングとコーキングの寿命を教えます

スポンサーリンク
表面処理

以前、工場外壁の塗装の
お仕事を頂いたお客様から、

倉庫の外壁塗装をお願いしたい

という依頼をいただきました。

現場に伺い、
お客様の倉庫の塗装面を見た時に、
塗装はがれがひどかったので、

「サイディングボードを
交換しないとだめです。

塗装だけでは、
多分1~2年も持たずに

はがれてしまう!」

とお伝えしました。

結果は、

今は、あまりお金が
かけれない

と言うので、
お客様で塗装をするということになり、
塗料のみを購入していただきました。

スポンサーリンク

お客様で塗膜を剥離してみた結果。

お客様が外で工具を使いながら
塗装をはがされていました。

途中に覗いてみると、
やはり、
下のサイディングがもう
ボロボロになっていました。

お客様から

「見立ては正しかった!」

「次のタイミングでは、
絶対にサイディングから

張り替える予算をとる!」

と言っていただけました。

その後、
数日たってから様子を伺うと
塗装が浮いて、水ぶくれのように
なっていました。

Point

水ぶくれや塗装が浮く原因は、
外壁の洗浄不足、塗料の乾燥時間不足
下塗りの不足や雨の中での作業など
色々な要因が考えられます。

 

一度剥がれが起こってしまうと
どんどん広がってしまうので、
早めに対応することをお勧めします。

塗装の寿命は何年なの?

20年以上もメンテナンスを
されなかった倉庫なので、
塗装が劣化するのは当然と
言えば当然ですが

塗料の寿命って、いったい
どれぐらいなの?

依頼いただいた倉庫に塗られていた
塗料を推理してみると、
20年以上メンテナンスしていないので、
今みたいな高機能塗料ではありません。

当時の主流の、
アクリル塗料で塗装された
のではないかと思われます。

Point

アクリル塗料の寿命は、
長くても7年程度なので
もっと早い時期から
劣化が始まっていた
と考えられます。

 

窒業サイディングの寿命は何年?

外壁には、窒業サイディングが
施工されていたのですが、
じつは、
窒業サイディングの寿命は、
30年~40年と言われています。

しかし、

Point

塗装やコーキングの劣化によって
雨漏りや結露が発生することで
サイディング自体が
吸水してしまいます。

 

吸水が、サイディングの劣化を
速める原因になってしまうので、
定期的な外壁メンテナンスをして
吸水を防ぐことで、30年~40年
持たせることが出来ます。

コーキングの寿命は何年?

外壁の隙間を埋めて、
雨水などの侵入を防いで
家を守ってくれる役割が
『コーキング』です。

Point

一般的にコーキングの劣化の目安は、
10年と言われていますが、
過酷な環境ですと5年程度で劣化する
と言われているので注意が必要です。

 

コーキングも自然環境や紫外線によって
劣化してしまいます。

隙間やひび割れなどの劣化サインが
現れますので、たまに覗いて
確認してみてください。

まとめ

見た目は、問題なさそうでも
塗装がはがれるということは、
すでに外壁の傷みが進行いている
と考えてもよさそうです。

今回の外壁に使用されていた、
窒業サイディングは、30年~40年は
使用できると言われているものですが、
塗装やコーキングなどのメンテナンスを
怠ると、サイディング自体が、
水を吸ってしまうので、劣化が早まり
交換が必要になってしまいます。

外壁メンテナンスに必要な塗装は、
最近主流の、シリコン塗料ですと10~15年
コーキングは、5~10年といわれています。

塗装がはがれ始めてしまうと
サイディングの張替えなどが、
必要になる可能性があるので

Point

10年を一つの目安として、
剥がれが目立つ前に塗替えを
検討してみてはいかがでしょうか。

 

ありがとうございました。