R22とR32冷媒の違いとは?特定フロンと代替フロンと排出抑制法

スポンサーリンク
代替

R22冷媒が生産中止になるので

チラーを入替えませんか?

という案内が来たんですが、

どういうことなんですか?

R22冷媒は、2000年頃に

使われていた冷媒です。

確認してみますが、

20年前のチラーは

ないと思います。

チラーの耐用年数は、

15年と言われています。

とはいえ、6、7年で

交換するイメージですが・・・

そんな感じなんですね。

多分、大丈夫です。

チラー以外にも

冷蔵庫・冷凍庫・エアコン
などにも使われています。

そんな昔のものは、

ありません。

ホッとしました。

というやりとりがありました。

今回は、「冷媒」について
考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

冷媒とは?

エアコン・エアドライヤ・チラー・冷蔵庫など

  • ヒートポンプ

と呼ばれる、熱を集めて運ぶ技術を使って

温度を調整する機器の、熱を運ぶ流体に

  • 冷媒 

が使用されています。

ヒートポンプとは?

一般的に熱エネルギーは、

お風呂のお湯が、

時間とともに冷めていくように、

高温から低温に移動します。

ところがヒートポンプは、
その逆で、熱エネルギーを
低いところから高いところに
移動させることが出来る技術で、
空気中から熱を抜き出して
移動させることで、冷却・加熱
することが出来ます。

エアコンで例えると、

冷房時
エアコン内部の冷媒が
室内の空気の熱を抜き取り、
その熱を外気に排出することで
室内を涼しくすることが出来ます。

暖房時
冷房とは逆に、外気の熱を抜き取り
その熱を室内に排出することで
室内を温めることが出来ます。

ただし、

外気の気温が低いと暖房能力が

低下するので注意して下さい。

参考記事/span>

ダイキン工業株式会社さんの資料が
分かりやすかったので、
紹介させていただきます。

参考-ダイキン工業株式会社
ヒートポンプ

 

特定フロンと代替フロン

特定フロン

R22冷媒は、HCFCとも呼ばれており

1996年に生産終了となった

CFC(R12・R502等)と合わせて

  • 特定フロン

と呼ばれています。

特定フロンであるR22冷媒は、

オゾン層破壊効果と

二酸化炭素の数百倍から数万倍の

高い温室効果を持っているので

1987年のモントリオール議定書と

1988年制定のオゾン保護法に基づき

  • R22冷媒は、
    2019年に生産・輸入終了

となりました。

そのため、R22冷媒を使用した機器の

冷媒回路の修理が、

出来なくなってしまったので

各メーカーさんが、

早めの交換を推奨されています。

代替フロン

代替フロン(HFC)は、
特定フロンの代替として
開発された物質で
塩素を持たないので、
オゾン層破壊効果がありません。

しかし、HCFC同様

高い温室効果があるので、

地球温暖化の原因として

依然、問題となっています。

 

現在、主流の冷媒は?

現在の主流である冷媒は、

「代替フロン HFC」

ですが、

  • R32
  • R410A

の2種類をよく目にすると思います。

 

家庭用のルームエアコンに

使用されている冷媒は、

R32と呼ばれるもので

R410Aと比べて、

  • 温室効果係数が低い
  • 熱移動の効率が良い
  • 追加充填が可能

という点からR32が使われています。

 

ただし、R32の冷媒は

  • 微燃性冷媒

であるため工業製品の多くは、

火災リスクが考慮され

R410Aを使用している製品が多いです。

改正フロン排出規制法

機器の廃棄に伴うフロン回収率の低迷から、

2020年4月1日から

「改正フロン排出抑制法」

が施行されます。

法律違反に対する罰則が強化されるので
注意して下さい。

フロン排出抑制法ポータルサイト

特定フロンの生産・輸入終了に伴う注意点

2019年でHCFC・R22冷媒が

生産・輸入終了になり

2020年からR22冷媒の供給が

出来なくなりました。

そのため、R22冷媒を使用した機器の

冷媒回路の修理対応が出来なくなりました。

 

ただ、

注意しなくてはいけないのは、
「直ちに、R22冷媒を使っている機器を
使用してはいけない!」
というわけではありません。

とはいえ、R22を使った機器を

現在も使用されているのであれば、

オゾン層破壊や修理が出来ない

ということもありますが、

当たり前ですが、古い型が多いです。

 

エアコンで比較してみると

15年前のエアコンと最新のエアコンでは
「年間電気代が約54%も削減できる!」
と言われています。

省エネの観点から考えてみても
現行機器に交換する方をお勧めします。

 

まとめ

地球温暖化対策のため、

現在の主流である「代替フロン」も

日本は、2029年までに

70%の削減義務があります。

それを達成するために

「グリーン冷媒」

と呼ばれる温室効果の少ない冷媒の開発が

進められています。

とはいえ、まだ先の話です。

 

今回、2019年に生産終了になった

R22冷媒を使用している機器だけではなく

特定フロンや代替フロンを冷媒に使用している

機器の交換や廃棄をする場合、

フロンの大気への放出は、
法律で禁止されていますので、
必ず「改正フロン放出抑制法」
に従って機器の廃棄や
フロン回収を行ってください。

 

ありがとうございました。