使い捨て防塵マスクDS2国家検定規格と効果は?N95との違いは?

スポンサーリンク
規格

防塵マスクのDS2って

何ですか?

『国家検定区分2』に
合格している、

『使い捨て防塵マスク』
という意味です。

国家検定区分2って何ですか?

区分2は、粒子捕集効率95.0%以上

のものを言っています。

溶接をたまにするんですが、

これを使用してもいいですか?

屋外作業場や毎回異なる

屋内作業場であれば

問題ないと思います。

今回の規則改定で、

金属アーク溶接等作業を継続して

屋内作業場で行う場合は、

濃度測定後結果に応じた

有効な保護具着用になるので

気を付けてください。

N95との違いは何ですか?

日本の国家規格か

アメリカの規格かの

違いです。

ふーん

ちなみに

面体を持っているマスクは、

1年以内に1回は、

フィットテストが
必要になります。

面体?

フィットテスト?

それなんですか?

面体は、密閉性が高い

マスクのことです。

フィットテストは、

きちんと装着されているかを

確認することです。

体形がかわると

スキマが出来る場合があるので。

自分で一度調べてみます。

一度、労働基準監督署に

確認してみてください。

という、やりとりがあったので

今回は、

防塵マスクについて
紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

防塵マスクとは

防塵マスクは、チリやホコリ、

粉塵やミスト・ヒュームといった

粒子物質を吸わないように

するために使用します。

 

粉じんを吸い続けると

肺が硬くなってしまう

『じん肺』

になってしまうことがあります。

初期は自覚症状はありませんが、

進行すると、呼吸困難や

気管支炎、肺がん、気胸などの合併症に

かかりやすくなってしまいます。

じん肺は現代の医学でも
治すことが出来ない病気です。

また、粉塵の種類によっては
中毒を引きおこすものもあるので
作業環境に合わせた適切な
防塵マスクを選定・使用する
必要があります。

 

呼吸用保護具の種類

防塵作業に有効な呼吸用保護具には、

給気式とろ過式があります。

給気式とろ過式

給気式

給気式には、ホースによって
新鮮な空気を供給する
送気式と自分で酸素を携行する
自給式があります。

給気式は、酸素濃度に関係なく

使用でき、ろ過式より有害物質を

吸う危険性が少ないのが特徴。

ろ過式

ろ過材を通して粉塵を除去することで
呼吸ができる仕組みのマスクです。

酸素濃度18%以上の場所でないと、

酸素欠乏の恐れがあるので使えません。

※一般的な酸素濃度は大体21%です。

ろ過式呼吸用保護具

ろ過式呼吸用保護具種類
防塵マスク取替え式
使い捨て式
電動ファン付き呼吸用保護具呼吸連動型
一定流動型

防塵マスク

フィルターでろ過された
きれいな空気を
肺の力だけで呼吸するマスク。

フィルターを交換する取替え式と

使い捨て式があります。

電動ファン付き呼吸用保護具

電動ファン付き呼吸用保護具は、
フィルターでろ過された、
きれいな空気を電動ファンで
面体内に送るマスク。

防塵マスクに比べると

呼吸がはるかに楽です。

 

また、マスク装着後に、呼吸すると

ファンが動き出す呼吸連動型と

スイッチのON-OFFでファンを

動かす一定流動型があります。

防塵マスクの分類と使用区分

防塵マスクは、国家検定規格があり

製品の性能に合わせて分類されています。

防塵マスクの分類
種類粒子捕集効率分類

R:取替え式
(replaceable)

L:液体
(liquid)

区分3:
99.9%以上
RL3
区分2:
95.0%以上
RL2
区分1:
80.0%以上
RL1
S:個体
(solid)
区分3:
99.9%以上
RS3
区分2:
95.0%以上
RS2
区分1:
80.0%以上
RS1
D:使い捨て式
(disposable)
L:液体
(liquid)
区分3:
99.9%以上
DL3
区分2:
95.0%以上
DL2
区分1:
80.0%以上
DL1
S:個体
(solid)
区分3:
99.9%以上
DS3
区分2:
95.0%以上
DS2
区分1:
80.0%以上
DS1

防塵マスクの選び方は、

粉じんの種類・作業内容・

作業条件・作業環境によって

選択します。

オイルミストが混在している
環境であれば、
Lタイプを選んでください。

オイルミストが含まれていない
環境であればSタイプ・Lタイプ
どちらを使用しても構いません。

また、

マスクメーカーがフィットテスト用の

キットを販売していますので

マスクが、作業者に合っているかの

確認をするときに、ご使用ください。

N95マスクとは

N95マスクは、

アメリカのN95規格に合格したマスクで、

日本の国家検定規格DS2区分に

合格したマスク相当の粉じん補修効率が

あるとされています。

 

N95のNはオイルミスト非対応を

表していて、数字の95は95%以上の

粉じん補修効率を持っている

ということを表しています。

Nオイルミスト非対応
R抗オイルミスト
Pオイルミスト対応

ヨーロッパ規格のFFP2Sは、

粉じん補修効率94%となっています。

まとめ

今回、溶接ヒュームが、

特定化学物質に追加されたことによって、

防塵マスクなどの呼吸用保護具を見直す

いい機会なのかもしれません。

 

適切な保護具を適切に装着することで

効果を発揮します。

あなたの命を守るために、

正しく使って安全に作業してください。

 

ありがとうございました。

3M(スリーエム) Vフレックス 使い捨て式 防じんマスク 9105J-DS2 (20枚入) レギュラーサイズ