フランジガスケットの選び方!ゴム・シート・フッ素など種類を知ろう

スポンサーリンク
素材

この紙みたいな
フランジガスケットは、

温水に使えますか?

ジョイントシートですね。

問題ないですよ。

蒸気にも使えますか?

このタイプなら使えますよ。

じゃあ、今週使うので

8枚ほど持ってきてください。

というやりとりの後、

フランジガスケットの

注文をいただきました。

今回は、
フランジガスケットを
紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

フランジガスケットとは

フランジガスケットとは、

フランジとフランジを

つなぎ合わせるときに使う

ガスケットのことを言います。

 

主な用途は、

  • 流体の漏れを防ぐシールの役目
  • フランジ面の保護

の2つです。

フランジ接続は、ネジ込み接続に比べて、

分解・組立が簡単というメリットがあり

よく使われている配管の接続方法です。

ここでいうフランジとは、
円筒形の配管から出っ張った
ツバ状の配管継手
のことを指します。

種類と特徴

ガスケットの種類と特徴を

簡単にまとめてみました。

ガスケット種類特徴
ジョイントシート系
ガスケット
繊維材料に
ゴムバインダーと充填剤を
混ぜた柔軟性のあるガスケット
ゴム系ガスケット低面圧でも安定したシール性を
持つガスケット。
フッ素樹脂系
ガスケット
フッ素樹脂の耐熱性・
耐薬品性・非粘着性を
持つガスケット
黒鉛系ガスケット耐熱性・耐薬品性に優れた
極低温から高温まで
使用できるガスケット
うず巻き形ガスケット高温・高圧で使用できる
高性能ガスケット

ガスケット材質は、
流体・温度によって使える材質が
決まっているので、
調査・確認してから使用してください。

 

種類と使用温度

使用温度における代表的な

ガスケットの種類をまとめました。

使用温度ガスケット種類
100℃以下ジョイントシートガスケット
200℃以下フッ素樹脂系ガスケット
260℃以下高機能ジョイントシートガスケット
300℃以下高機能ジョイントシートガスケット
400℃以下黒鉛系ガスケット
450℃以下うず巻き形ガスケット
810℃以下うず巻き形ガスケット

水・油・薬品・ガスなど
流体によってガスケットの種類を
選定する必要があります。

形状と特徴

フランジガスケットの形状と特徴も

まとめました。

ガスケット形状特徴
全面ガスケット
  • 通常、全面座フランジに使用
  • 平面座にも使用可
  • ガスケットがセットしやすい
  • 片締めになりにくい
内ガスケット
  • 通常、平面座フランジに使用
  • 全面座にも使用可
  • フランジの内面に取付
  • 全面ガスケットより
    シール性が高い
耳付き内ガスケット
  • 内ガスケットに
    取っ手がついている
  • フランジへの挿入が簡単

流体・呼び径別ジョイントガスケット厚さ

ジョイントシートは、
厚さが薄いとシール性が良くなります。

逆に厚いとフランジの歪の吸収や
配管長さの調整といった
作業性が良くなります。

流体・配管サイズ別におすすめの

ガスケット厚さもまとめてみました。

流体配管サイズおすすめ厚さ
水・油系150A以下1.5mm
200A以上3.0mm
ガス系全サイズ1.5mm以下
蒸気・熱水全サイズ1.5mm

参考資料:下関パッキング株式会社-ガスケット製品

呼び圧力とは

フランジには、

「呼び圧力」

と呼ばれるフランジの耐圧強度を示す

呼び名があります。

5K・10K・16K・20K・・・・

と表記されているのを

見たことありませんか?

これが、「呼び圧力」です。

現在は、フランジの最高使用圧力は、

Mpa表記になっていますが

以前は、kgf/c㎡でした。

そのKが残っているようです。

 

また、温度によって最高使用圧力が

変化するので注意して下さい。

呼び圧力が違うと、
外径・ボルトサイズ・ボルト位置
フランジ厚みも違うので
選定時は注意して下さい。

まとめ

フランジで配管を接続するときは、

フランジガスケットが必需品になります。

配管内部が詰まったときに
分解・清掃・メンテナンスが
楽になるので、
よく使われる接続方法です。

また、

ネジ込み接続に比べて
漏れ対策や強度・作業性が楽で信頼性が
高いことからよく使われています。

フランジ接続のスキマを埋めるために

適切なフランジガスケットを

選んでください。

 

ありがとうございました。